闘病記

椎間板ヘルニアの経過良好です

当ページのリンクには広告が含まれています。

椎間板ヘルニアの経過良好です

今日までの様子

なんとか歩けるようにはなりましたが、まだフラフラ状態です。

後足がうまく立たないので腰が安定せず、酔っぱらいのように千鳥足で歩いています。

それでも少しは自由に歩けるようになったので、もかも楽しそうです。

その一方で飼い主はドキドキハラハラ。

やんちゃ娘がどこかへ行ってしまわないか、イスに前足をかけたりジャンプしたり腰に負担のかかる動きをしないか…気を揉んでいます。

元気になってきているからこその嬉しい悩みですけどね。

少しずつ歩けるようになって感じたのはフローリングがいかに滑るかです。

普通に歩けていたときはフローリングは滑るし良くないよなぁ…くらいにしか思っていませんでしたが、後ろ足の支えが効かなくなった今、フローリングの上に出るとテキメンに立てなくなります。

普段から腰に相当負担がかかっていたのを目の当たりにしました。

家ではマットの部分を増やして滑らないように対策をしました。

新しく敷いたサンコーのマット

こちらのマットは薄いのに滑らなくてオススメです。

\24時間限定タイムセール実施中!/
Amazon
\2/23までお買い物マラソン実施中!P最大45.5倍!/
楽天市場

この上を歩き回ってもズレないし撥水性があるのでおしっこをしてしまってもすぐに拭き取ればほとんど染み込んでいません。

ネットに入れれば洗濯機で洗えるところも嬉しいポイントです。お手入れ簡単で衛生面もばっちりです。

……………

2022/12/18

発症から1ヶ月

椎間板ヘルニア発症から約1ヶ月経ったので、動物病院に行ってきました。

歩行の様子を見てもらいましたが、良い調子なのでこのままリハビリを続けることになりました。

1つ心配点は排尿コントロールができないことです。

現状としては尿意を感じることができないのかどこでも構わずおしっこをしてしまいます。

出てから慌てて排尿姿勢をとる感じです。排尿姿勢とは言っても後足がうまく立たないのでほぼお尻は床についた状態で足を広げています。

それでも少しはやろうという意識があるのは今後の希望になります。

1番の問題点はトイレのコントロールができないと膀胱におしっこが残ってしまい膀胱炎に繋がります。

膀胱炎になるとおしっこのにおいがもわっとこもった感じになるそうです。薬を飲んで膀胱穿刺で定期的におしっこを抜くようになります。

特にオムツをつけていると細菌感染のリスクも上がるので、オムツはできるだけ外してにおいを気にかけるようにしていきます。

最近は割と自由に歩いているように見えますが、後足はまだうまくは動かせないようです。

背中がかゆいときもこれまでは普通にかけていましたが、後足が動かないのでうまくかけずにモヤモヤしていました。

少しでも良くなるようにリハビリ頑張ろうね。

スポンサーリンク

……………

2023/1/2

先生からお散歩してもいいと許可が出たので、約2ヶ月ぶりにお散歩に行きました。

この日のためにハーネスも購入。

前にハーネスは使っていたのですが、足が抜けてしまい使うのをやめていました。

もかはお散歩で引っ張る子なので、腰への負担を考えて違うタイプのハーネスを買ってみました。

\24時間限定タイムセール実施中!/
Amazon
\2/23までお買い物マラソン実施中!P最大45.5倍!/
楽天市場

ふわっとしていて着け心地もよさそうなハーネスです。

家でもまだフラフラしているのでちゃんと歩けるか心配……ですが、歩いて筋肉をつけないといけないのでお散歩に行ってきます。

もかは久しぶりのリードに大興奮。

ゆっくり歩いて行くつもりがそうもいかず、ちょっぴり早足でのお散歩でした。

散歩を楽しむもか

いつもより短いコースですが、それなりにちゃんと歩けてホッとしました。

新しいハーネスだと引っ張りもいくらか緩和されたように感じます。

これから少しずつ距離を伸ばしていきたいね。

お散歩で疲れたのか夜は爆睡のもかでした。

  • この記事を書いた人

もあ

犬が大好きな元動物看護師。ペットフーディスト。ペットフードマナー検定合格。ホリスティックケアカウンセラー勉強中。 カニンヘン・ダックスフンドのくっきー(14歳)・もか(4歳)と楽しく暮らしています。犬を飼うときに知っておきたい知識や情報を発信しています。 ダックスフンドと暮らして分かった病気や経験についても載せているので参考にしてくださいね。

-闘病記
-,