わんわんトピック

犬がトイレを覚えないのはなぜ?原因と対策を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

犬 トイレを覚えない

犬のトイレトレーニングがうまくいかないと悩む飼い主は多いです。

犬はトレーニングなしにトイレの場所を覚えることは難しく、正しい方法でしつけを行うことが大切になります。

この記事では、犬がトイレを覚えない原因と効果的なしつけ方法について詳しく解説します。

愛犬との生活をより快適にするために、ぜひ参考にしてください。

犬がトイレを覚えない原因

犬がトイレを覚えない原因は3つあります。

  • 自由にしすぎている
  • 褒めるタイミングがずれている
  • トイレの場所を移動させる

自由にしすぎている

トイレトレーニングが終わっていないのに犬を自由にさせると、正しい排泄場所を覚えにくくなります。

トイレが終わるまでサークル内から出さないようにすることが大切です。

褒めるタイミングがずれている

トイレを成功したときは、すぐに褒めましょう。

少しでもタイミングがずれると、犬はトイレの場所を覚えられません。

タイミングを逃さず、トイレの成功直後に褒めることで、犬は「この場所で排泄すれば褒められる」と理解します。

トイレの場所を移動させる

犬がトイレを完全に覚える前にトイレの場所を変えると混乱します。

トイレをしっかり覚えた後で、適切な場所に移動させましょう。

犬がトイレを失敗する理由

犬がトイレを失敗する理由は4つあります。

トイレの場所だけを教えている

犬はトイレの場所を足の感覚や嗅覚で覚えます。

「ここだよ」と場所だけを教えても覚えられない子が多いです。

おしっこの臭いを頼りに判断する

犬は自分のおしっこの臭いを頼りにトイレの場所を覚えます。

間違った場所で粗相をすると、その場所をトイレと認識してしまうことも。

ケージ内で排泄したくない

犬はきれい好きで、自分の寝場所で排泄したくないと感じることがあります。

飼い主に叱られると思っている

トイレの失敗を叱ると、犬は排泄行為自体が悪いことと勘違いしてしまいます。

犬のトイレを成功させるためのポイント

トイレを成功させるためのポイントを紹介します。

成功したら自由に遊ばせる

トイレシーツの上で排泄が成功したら、ご褒美として自由に遊ばせましょう。

成功の直後にご褒美を与えることが効果的です。

失敗しても怒らない

トイレを失敗しても排泄物をすぐに片付け、怒らずに対応しましょう。

何事もなかったのように対応するのが大切。

失敗を怒ってしまうと、トイレを隠れてするようになったり、そもそもやらなくなってしまうこともあります。

トイレをできなくなってしまうと病気になるので、失敗は怒らないようにしましょう。

トイレ自体を変えてみる

トイレからはみ出してしまうなら、トイレのサイズが小さい可能性も。

現在のトイレが犬に合っていない場合は、適切なサイズや形のトイレに変更することを考えましょう。

しつけアイテムの使用

市販のしつけスプレーなどを使うのもひとつの方法。

トイレの場所を覚えさせるスプレーもあります。

人にはにおいが感じられませんが、犬にとってトイレだと感じる成分が入っており、これを吹きかけることでトイレだと認識できます。

トイレシーツににおいがついた「しつけ用トイレシーツ」もあります。

犬のトイレ失敗は必ず直る

トイレトレーニングは、日々の生活を快適にするために必要なもの。

時間はかかりますが、原因を取り除き、根気よくトレーニングを続ければ、必ずトイレを覚えてくれます。

慌てずに愛犬に合わせたトレーニングをしましょう。

  • この記事を書いた人

もあ

犬が大好きな元動物看護師。ペットフーディスト。ペットフードマナー検定合格。ホリスティックケアカウンセラー勉強中。 カニンヘン・ダックスフンドのくっきー(14歳)・もか(4歳)と楽しく暮らしています。犬を飼うときに知っておきたい知識や情報を発信しています。 ダックスフンドと暮らして分かった病気や経験についても載せているので参考にしてくださいね。

-わんわんトピック
-, ,